位置情報からIoT・機械学習へ……コモディティ化した技術を「アイデアで面白くする」Mashup Awardsに見るトレンドの変遷とこれから

IoT

2006年からスタートした日本最大級の開発コンテスト「Mashup Awards」(マッシュアップアワード)は、さまざまなデバイスやAPI、ハードウェア、技術をマッシュアップして新しいものを生み出すエンジニアを応援するコンテストです。13回目の「MA 2017」には、…

デジタルの力で「悪いことは悪い」と言える──デジタル・フォレンジックという仕事の魅力とやりがい

2016年秋、将棋の三浦弘之九段にかけられた「将棋ソフト不正使用」疑惑で、三浦九段は自らのスマートフォンを専門調査機関に調査依頼しました。この調査「デジタル・フォレンジック」を行ったアスエイト・アドバイザリー株式会社代表の田中大祐さんに、どの…

「デザインと技術をつなぐ」―グッドパッチCTOが考える、デザインとエンジニアリングの関わり方

UIデザインにフォーカスする会社「グッドパッチ」CTOのひらいさだあきさんが、いくつかのきっかけからエンジニアとしてデザインへ関わるようになっていった経緯、グッドパッチにおける「デザインとエンジニアリングの関係性」について紹介します。

オポチュニティがあるなら締切までに勉強すればよい ─ チャンスを引き寄せるアピールと仕事術

気が付いたら社長になってしまっていた中山心太(ところてん)さんが、働き方や勉強法、そして非言語化するコミュニケーションについて語ります。

「うちの会社の魅力を広く知ってもらうにはどうすればいいですか?」── LINEの櫛井優介氏に聞く「技術広報」という仕事

自社の技術面での強み、エンジニアの取り組みを社内外に発信する「技術広報」や「エバンジェリスト」の役割は、テック系企業にとって大きな意味を持つようになってきています。組織として技術広報の取り組みを本格的に進めようとしているLINE株式会社のDevel…

音声インターフェースを「ごっこ」でデザイン ― スマートスピーカーの制限と将来性にクックパッドはどう取り組んでいるか

話題の家庭用デバイス「スマートスピーカー」。クックパッドは「あと一品足りない」ときに利用できる音声操作サービスを開発しました。音声インターフェースならではの制限や、VUI(Voice User Interface)における新しいUXデザインのあり方について聞きまし…

GeekOut主催 ファンプレックス×DeNA Games Tokyo「SIerエンジニアからの転身~ゲーム運営業界の魅力とやりがい~」イベントレポート

こんにちは。GeekOutイベント担当の奥田です。3度目の開催となるGeekOutのイベント。 今回は、「SIerエンジニアからの転身・ユーザーの顔が見えるサービスへ ~ゲーム運営業界の魅力とやりがい~」をテーマに、ゲーム運営業界を代表するファンプレックスと…

元ITエンジニアのキャリアアドバイザーが語る、今注目のエンジニア系職種~データ分析関連職種編~

「元ITエンジニアのキャリアアドバイザーが語る、今注目のエンジニア系職種3選」にて、“注目の職種”として挙げられていた「データ分析関連職種」。 技術革新によりビッグデータの収集・蓄積が進んでいることが背景にあるのは間違いありませんが、興味があっ…

きゅうりの選別、料理の記録、自動車の運転にも利用される「画像認識技術」について学べるイベント「GeekOutナイト」を開催します

IT・Webエンジニア向け転職サイトGeekOutでは、2018年5月30日(水)に「画像認識技術」をテーマにイベント「GeekOutナイト」を開催します。

世界中でハードウェアベンチャーの台頭を可能にした技術と、向き合うべき課題

製造業やメーカーというと、多くの人が著名な大企業を思い浮かべることでしょう。しかし、最近はハードウェアを開発・販売するベンチャーやスタートアップが世界で増えています。ハードウェアベンチャーが台頭した要因について、世界的なIoTブームや「多品種…

Publickey主宰者・新野淳一氏に聞く、エンジニアのキャリア・スキルの磨き方、「稼ぐ力」の付け方

エンタープライズIT分野において個人が運営するブログメディアとしては最大規模といえる「Publickey」を運営するのが、IT専門情報メディア「@IT」の元発行人である新野淳一(にいの・じゅんいち)氏。IT専門分野の草分け的存在だったアスキーを皮切りに、IT…

「なるんだ!」を実現する「逆算」のキャリア設計 ─ 野球エンジニアへの挑戦

「野球エンジニア」になると宣言し、実際に野球データを解析する「ネクストベース」のCTOに就任した中川伸一氏が、「なるんだ!」を実現する「逆算」のキャリア設計について語ります。

元ITエンジニアのキャリアアドバイザーが語る、今注目のエンジニア系職種~情報セキュリティ関連職種編~

前回の記事「元ITエンジニアのキャリアアドバイザーが語る、今注目のエンジニア系職種3選」にて、“注目の職種”として挙げられていた「情報セキュリティ関連職種」。 ランサムウェア被害の増加、IoTの普及などが背景にあることは間違いありませんが、需要が拡…

「メイカームーブメント」という新しいものづくりの潮流、技術の進化がもたらす変革の可能性

IoT

「Maker Faire」というイベントを知っていますか?ハイテクからローテクまで、IoTデバイスから木工品、デジタル、アナログ、金属、布、食品、プログラミングまで、自分で作るものを展示したり、実演したりして、皆で一緒に楽しむイベントです。日本でも「Mak…

元ITエンジニアのキャリアアドバイザーが語る、今注目のエンジニア系職種3選

「ITエンジニアとして目の前の案件を一生懸命こなしてきたけど、このままで良いのだろうか……」 「これまで積み重ねてきた知識・経験が技術革新によって無用のものになってしまうのではないか」 「もっと上流工程から携わりたい、自社側に行きたい、ステップ…

企業のクラウド利用は本当に増えているのか? 統計データから実態と押さえておくべきポイントを探る

いま成長分野といわれているのがクラウドサービス市場。企業におけるクラウドサービス利用率も増えているとされているが、果たしてどのような分野でクラウドが適用されているのか。統計データとともに、企業のクラウド利用状況について、エンジニアが押さえ…

技術を結集したレース用義足でパラアスリートが勝つことは、価値の多様性が認められる未来への近道

障害者が障害に関係なく、高いレベルでの競技を行う。そんな社会の到来を待ち望みながら、障害者アスリート(パラアスリート)のためのレース用義足を開発する「株式会社Xiborg」は、2020年の東京パラリンピックを目指してパラアスリートと一緒にレース用義…

SI系エンジニアからWEB系エンジニアへの転職って実際どうなの?~ファンコミュニケーションズ 鈴木航 編~

SIからWEBへの転職。 「別世界と思え」という厳しい意見もあれば、「いやいや、同じエンジニアだから」と楽観視する意見も聞こえてきます。WEBに散見する個人エントリーにはなかなか自分事に思えず、「自分には無理だ」と思ってしまう人も多くいるのではない…

オープンさは私のキャリアの原動力 ─ SIer、Web系、フリーランスという変遷で実感した「オープンにすること」の大切さ

オープンさ(Openness)は、ITエンジニアリングの基本的な考え方として共有されています。それはなぜでしょう? オープンであることで、エンジニア個人、そして所属する企業にどんな影響・メリットがあるのでしょう? 現GMOペパボで技術責任者を務めたmizzy…

ドライバーの「運転への集中度」を画像認識でモニタリング……自動運転の最先端技術に取り組むR&Dエンジニア

自動運転においてコックピットのHMI(Human Machine Interface)に注目が集まっている。オムロンの「京阪奈イノベーションセンタ」では、ドライバーの運転への集中度を判定する「ドライバーモニタリングシステム」を開発している。その最先端技術に携わるエ…

ジュンク堂書店池袋本店の長田さん! いま、どんなコンピュータ書が売れているんですか?

多くのITエンジニアから高く評価されるジュンク堂書店池袋本店では、技術書の品揃えにどういった工夫をし、実際にどんな本が売れているのでしょう。コンピュータ書を担当する長田絵理子さんに聞きました。

GeekOut主催 cloudpack石田知也×CyberZ中村智武「【スーパーエンジニア対談】企業・市場からモテる(=求められる)エンジニアとは」イベントレポート

こんにちは。GeekOutイベント担当の奥田です。2度目の開催となるGeekOutのイベント。今回は開催日の2月14日 バレンタインデーにちなんで、 『企業・市場からモテる(=求められる)エンジニアとは』をテーマにトークセッションを行いました!前回もご登壇…

エンターテインメントを越え、産業全体で進化を続けるVR/AR

ITとエンターテインメントがクロスする領域で大きな話題となっているのが、VR(仮想現実)、AR(拡張現実または強化現実)、MR(複合現実)です。ここ数年でVR/AR/MRに対応したさまざまなヘッドマウントディスプレイが登場し、家庭向け用途にとどまらず、ア…

シリコンバレーに辿り着いたソフトウェアエンジニアが直面したキャリアの分岐点と、その選択で大事にした指針たち

ウェブエンジニアとしての何度も分岐点に直面し、そのたびに困難に見える方を選択して現在はシリコンバレーのベンチャーで働く濱崎健吾(@hmsk)さんが、キャリアで大事にした指針について語ります。

IoT、現実世界とインターネットを結んで新たな価値を作る試み ~その歴史から産業政策まで~

IoT

この記事では、IoT(Internet of Things)という用語の意味と背景、応用分野、要素技術について概観していきたい。まず注意したいこととして、「IoT」は厳密な定義がある技術用語ではない。現実世界/物理世界の「モノ」と、ネットワークを通り処理されていく…

エンジニアがコミュニティに参加するモチベーションとは──JAZUG女子部立ち上げを例に

JAZUG女子部の部長、JAZUGのコアメンバー、Microsoft MVP for Microsoft Azureとして活動する安東沙織さんによる寄稿。エンジニアがコミュニティに参加する際の不安や戸惑い、モチベーションについて、JAZUG女子部立ち上げを例に紹介します。

「ITをITで支援する」MSP事業者が、変革する開発・運用で果たす役割──スキルの価値が10年で消える世界においてエンジニアはどうあるべきか

ソフトウェア開発手法がクラウドサービスに特化しつつあるなか、クラウド時代における裏方ともいえるMSP事業者でのサーバーの運用業務は、ここ数年のインフラやオペレーションの変化の最前線にあるはずだ。ゲーム「ブラウザ三国志」などのサーバーを管理・運…

「社内横断の技術組織を終わらせました」から8カ月。あの経験から見えた「組織課題の解決法」と「無価値にならないエンジニア」の条件

「社内横断の技術組織を終わらせました」 こんな告白エントリーに見覚えのある方もいるのではないでしょうか。 このエントリーの主は、サイバーエージェント子会社のCyberZ所属で、国内No.1スマホマーケティングツール「F.O.X」サービスマネージャーの門田矩…

「まず、1台作り上げる」しっぽ付きロボットを生み出したユカイ工学に見る、これからのロボット開発者の適性

ユカイ工学によるもふもふしたクッション型ロボット「Qoobo(クーボ)」は、動物のようなファーをまとい、しっぽまで生えている。手で触れるとネコのようにしっぽを振る。このユニークなアイデアを実現するロボット開発技術について、ユカイ工学の皆さんにお…

夢の宇宙は、もうただの夢ではなくなりつつある! 日本でも活況な「宇宙開発ベンチャー」5社それぞれのチャレンジ

宇宙開発はかつて、国家が莫大な予算を投じて行うものだった。しかし現在では、民間企業がビジネスを行う場所になっている。日本でも、月面探査車やロケット、人工衛星など、自分の仕事をする舞台として宇宙を選んだベンチャー企業が活発に開発を進めている。

企業におけるエンジニアリングと研究開発

ITエンジニアリングと学術研究を両立させるペパボ研究所の松本亮介(まつもとりー)さんによる寄稿。Webサービス業界における「技術の透明化」と、これから必要な「技術を作る技術」を生み出すキャリアのあり方について考えてみましょう。

「不安と心配」に本で保険をかけよう──『スゴ本』中の人が選ぶ、「いざ」という時に寄り添ってくれる5冊

気力と体力が低下し始め、仕事やプライベートで義理と責任が増え始める30代――そんな30代以降の人が心を折らないよう、「スゴ本」の管理人Dainさんが選ぶ、「いま」よりも「いざ」という時のための5冊を紹介します。

iPhone Xの「Face ID」をきっかけに考える、より身近になった「生体認証」ビジネスとエンジニアの関係

2017年11月に発売されたiPhone Xには、最先端の生体認証技術「Face ID」が搭載されています。顔認証の安全のため、どのような保護対策がデバイスに施されているのか。そして、デジタル機器だけでなくエンターテイメントなどさまざまな分野で実用化が進む生体…

ごく普通のサラリーマンが宇宙開発! “趣味”と“誰にでもできる仕組み”で超小型人工衛星の打ち上げを目指す「リーマンサット・プロジェクト」

ごく普通のサラリーマンが宇宙開発にチャレンジする――専門知識を持たないメンバーで超小型人工衛星の開発・打ち上げを目指すリーマンサット・プロジェクトという団体があります。「あくまでも趣味」として人工衛星の開発を行うリーマンサットの活動とは?

自動車業界でも広がるエンジニアの可能性──デジタルトランスフォーメーションが変えゆく人材需要

トヨタをはじめとする自動車メーカーでは、IT系エンジニアの求人が盛んになってきています。自動車関連メーカーにおけるIT系エンジニア求人の現状、AIや機械学習、IoTなど、エンジニアに求めている技術領域について、ITジャーナリストが解説します。

SIer→社内エンジニア→リモートワーク、3つの職場を経て見えてきた、プログラマにとっての幸せな働き方

複数の職場を体験して見えてきた「プログラマにとって幸せな働き方」と、そのために必要な継続的なインプットとアウトプットの重要性について、ソニックガーデンの伊藤淳一 @jnchito さんによる寄稿です。

GeekOut主催 cloudpack石田知也×面白法人カヤック永沼拓士「2020年を見据えたエンジニア転職ってどうすべき?」イベントレポート

こんにちは。Geekoutイベント担当の奥田です。「30歳ですけど、いま転職しないともう無理ですか?」 「勉強したいんですけど時間がなくて…」 「結婚を考えているのですが、給料が上がらなくて…」 上記は、私がエンジニアの方から今まで何度も相談されたこ…

「ディープラーニング×きゅうり」の可能性に、たったひとりで取り組むエンジニア

AIに関わる技術、なかでもディープラーニングが急速に発達し、さまざまな領域で実際に利用されるようになりました。その背景の1つには、国内外のIT企業がオープンソースのAI関連ライブラリやそのチュートリアルを用意していることがあります。静岡県湖西市で…

アメリカに頼らない衛星測位システムで“誤差数センチメートル”へ──高精度位置情報で可能性が広がる日本の産業

「みちびき」初号機打ち上げ以来、長らく単体での試験運用が続いていた日本の衛星測位システムは、2017年度の2、3、4号機の打ち上げ成功を受け、2018年度からはいよいよ4機体制での24時間運用がスタートします。高精度な位置情報が安定して利用可能になるこ…

今こそ考えたい仮想通貨とブロックチェーン ~インターネット台頭期にも似た巨大な可能性が開ける~

インターネットが普及しはじめたころ、国境を越えるネットワークやWebの可能性の巨大さに大勢の人々が興奮し、新しい事業も爆発的に立ち上がった。それと似た可能性や興奮が、仮想通貨やブロックチェーンの周辺で起きている。ITジャーナリストの星暁雄氏によ…

「課金がインフラになる日」に向けてエンジニアができること

この20年間、インターネットの根幹を支える技術は少しずつ姿を変えてきた。そして、自身がその最先端にあるためには、この先にやってくる波を読み、来たるべき時に備えるしかない。次の大きな波は、いわゆる「課金」の世界にやってくると、決済をフィールド…

子供たちの未来を技術で変えていける「EdTech」 教育分野で膨らむ可能性

IT技術の革新やモバイル端末の急速な普及により、多くの産業でパラダイムシフトが起こっています。「教育」も大きく変わろうとしています。教育の現場では以前から「ICT」「eラーニング」に取り組んでいますが、現在は“EdTech”という言葉に注目が集まってい…

スタートアップ企業に大きい強み “銀行API公開”で加熱していくFinTech開発

テクノロジーの進化やデジタルネイティブ世代の増加を背景に、FinTechに関する注目が世界的に高まっています。日本におけるFinTech市場も、今後急速に拡大していくのは間違いありません。FinTechのスタートアップ企業はもとより、銀行をはじめとする歴史ある…

GeekOutで新たな可能性を見つけてみませんか?

「GeekOut」は、エンジニアの皆さんのキャリア作りを応援するサイトです。 「GeekOut」のコラムコーナーでは、エンジニアの知見や可能性を広げる情報をお届けしていきます。最新技術、そこから生まれてくる新たな領域やサービス、エンジニアの仕事に役立つツ…