国土地理院はなぜビッグデータやオープンソースを利用するのか? 地理空間情報の利用促進を「地理院地図」に見る

国土地理院のWeb地図「地理院地図」では、地図タイルをAPI利用するソースコードをGitHubで公開し、登山者の移動経路情報から地形図を修正するなどしています。オープンソースやビッグデータ活用といったトレンドを押さえた取り組みについて聞きました。

アメリカに頼らない衛星測位システムで“誤差数センチメートル”へ──高精度位置情報で可能性が広がる日本の産業

「みちびき」初号機打ち上げ以来、長らく単体での試験運用が続いていた日本の衛星測位システムは、2017年度の2、3、4号機の打ち上げ成功を受け、2018年度からはいよいよ4機体制での24時間運用がスタートします。高精度な位置情報が安定して利用可能になるこ…