夢の宇宙は、もうただの夢ではなくなりつつある! 日本でも活況な「宇宙開発ベンチャー」5社それぞれのチャレンジ

宇宙開発はかつて、国家が莫大な予算を投じて行うものだった。しかし現在では、民間企業がビジネスを行う場所になっている。日本でも、月面探査車やロケット、人工衛星など、自分の仕事をする舞台として宇宙を選んだベンチャー企業が活発に開発を進めている。

ごく普通のサラリーマンが宇宙開発! “趣味”と“誰にでもできる仕組み”で超小型人工衛星の打ち上げを目指す「リーマンサット・プロジェクト」

ごく普通のサラリーマンが宇宙開発にチャレンジする――専門知識を持たないメンバーで超小型人工衛星の開発・打ち上げを目指すリーマンサット・プロジェクトという団体があります。「あくまでも趣味」として人工衛星の開発を行うリーマンサットの活動とは?

アメリカに頼らない衛星測位システムで“誤差数センチメートル”へ──高精度位置情報で可能性が広がる日本の産業

「みちびき」初号機打ち上げ以来、長らく単体での試験運用が続いていた日本の衛星測位システムは、2017年度の2、3、4号機の打ち上げ成功を受け、2018年度からはいよいよ4機体制での24時間運用がスタートします。高精度な位置情報が安定して利用可能になるこ…