1. GeekOut
  2. コラム
  3. スタートアップ企業に大きい強み “銀行API公開”で加熱していくFinTech開発
ログアウトしました

スタートアップ企業に大きい強み “銀行API公開”で加熱していくFinTech開発

FinTech

テクノロジーの進化やデジタルネイティブ世代の増加を背景に、FinTech(フィンテック)に関する注目が世界的に高まっています。日本におけるFinTech市場も、今後急速に拡大していくのは間違いありません。そうしたなかで、FinTechのスタートアップ企業はもとより、銀行をはじめとする歴史ある金融機関でも、優れたスキルを持つITエンジニアに対する争奪戦が世界規模で起こっています。

そもそもFintechとは何なのか?

昨今、FinTechというキーワードが注目されています。FinanceとTechnologyを組み合わせた造語で、ITを活用した新しい金融サービスを意味するものです。もっとも、これまでも「金融IT」というキーワードは盛んに叫ばれてきました。FinTechは金融ITとどこが違うのでしょうか。

大まかに言うと従来の金融ITは、業務効率化やコスト削減などを目的として、主に金融機関のバックエンドで使われるものでした。これに対してFinTechは、個人を含めた顧客に対して金融機関が提供してきた既存の機能を高度化あるいは代替し、かつてない付加価値を提供することを狙いとしています。

たとえば最近では、決済・送金、PFM(Personal Financial Management:個人財務管理)、資産運用、資金調達、経営・業務支援、セキュリティといった分野を中心に、多彩なFinTechサービスを提供するスタートアップ企業が登場し、成長を続けています。

FinTechが注目される最大の理由は、まさにここにあるのです。従来の金融ITは、ほぼ大手SIベンダーがけん引していました。ところがFinTechの世界はまったく様相が異なります。その市場をリードしているのは、“デジタルの活用”に高度な強みを持つスタートアップ企業たちなのです。

またFinTech台頭の背景には、「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代が徐々に生産年齢に達し始めたという要因もあります。子どもの頃からWebやスマートフォン、SNSなどに慣れ親しんできた彼らは、既存の仕組みやブランドにとらわれることなく、便利で快適なサービスを使いこなしていきます。それ故に、新興企業であるFinTechのスタートアップが提供するサービスでも、良いものであるならば抵抗感なくスムーズに受け入れられる土壌があります。

銀行API公開で加速する多彩なサービス

もう1つ技術面からFinTechの成長を促しているのが銀行によるAPI公開です。

もともと他社サービスとのデータ連携に積極的ではなかった日本の銀行も、3大メガバンクを中心にAPI公開へと踏み出し始めています。「ひさしを貸して母屋を取られる」「銀行は“土管”にされてしまう」といった懸念は持ちつつも、自行のみで革新的なサービスを生み出すことには限界を感じ、外部のアイデアを積極的に活用するオープンイノベーションへと舵を切り始めました。

たとえば三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)では、法人向けの「BizSTATIONAPI」として「認証」「残高/入出金明細の照会」「振り込み」などのAPIを提供するほか、「振り込み結果照会」「総合・給与振り込み申請」「特別徴収地方税の納入」といったAPIの公開も予定しています。また個人口座向けの「リテールAPI」でも、同様に「認証」「残高/入出金明細の照会」「振り込み」「外貨取引」「融資」のAPIを準備中です。

一方、APIを活用して急成長を遂げているFinTechの例としては、自動家計簿・資産管理サービスの「マネーフォワード」があります。2,600以上の金融関連サービスに対応し、複数の口座残高を一括管理できるのが特長です。特にAPIを公開している銀行との間では、ユーザーがマネーフォワードに対してネットバンキングのIDやパスワードを渡すことなく、OAuth認証によってマネーフォワードがユーザーに代わって口座情報にアクセスできます。

こうしたAPI公開によって銀行口座がオープンになることで、その周辺にはさらに多彩なサービスが登場してくると予想されます。すでに中国では当たり前になっているモバイルアプリを使った支払いや個人間決済が、おそらく日本でも、そう遠くない将来に普及していくことになるでしょう。例えば「LINE」や「メルカリ」などのモバイルアプリと銀行口座がAPIで連携すれば、現在のクレジットカード決済よりも格段に支払いの利便性を高めることができると考えられます。

FinTechで求められるスキルとは

FinTechスタートアップ企業が台頭するなかで、既存の金融機関もオープンイノベーションを推進しています。これらの企業にとっては、優れたスキルを持つITエンジニアの確保は必須です。今後もエンジニアの争奪戦は続いていくことになるでしょう。

また、エンジニアに求められるスキルは広範囲に及びます。たとえば新たな金融取引を支えるインフラとして「ブロックチェーン」と呼ばれる分散台帳技術が注目されています。銀行の公開APIを使ったサービス連携のためには、権限認可に関する標準プロトコル「OAuth 2.0」を理解し、扱うことができるスキルが必須となります。

金融サービスで最も重要なセキュリティを担保するため、「認証」や「不正防止」などのスキルも必要とされます。ユーザーエクスペリエンス(UX)を重視したサービスの強化を図るうえでは、「AI」や「ビッグデータ分析」といったテクノロジーを扱う技術も重宝されるでしょう。さらにアイデア勝負のFinTechはスピードが命。そのためには「アジャイル開発」が前提となります。

専門技術に特化したスキルを持つスペシャリストだけでなくゼネラリストにも活躍の場が広がっています。外部の開発力やアイデアを活用し、かつてない価値を生み出していくオープンイノベーションを推進できる人材は、銀行をはじめとする伝統的な企業では層が非常に薄いのが実情です。そこで経営的な目線からFinTechに関する戦略を策定し、意思決定を行うことができる、IT関連のバックグラウンドをもったボードメンバーを採用する動きが広がっているのです。

今後の発展が大いに期待できるFinTechの領域で能力を試したいと考える場合、まず自分が得意とする領域での腕を磨くことが得策です。先述のようなスキルを身につけたITエンジニアはスペシャリスト、ゼネラリストどちらを指向していても高く評価され、キャリアチェンジの選択肢も増えるでしょう。Fintechは日々の生活にも関連する身近なサービス。人々の生活に利便性を与えることができる、やりがいのある仕事です。新たなキャリアの選択肢としてぜひ目を向けてみてはいかがでしょうか?

>>FinTechの求人を探す

https://geek-out.jp/cp/code-quest/?gcmpid=gk_hatena20171018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタートアップ企業に大きい強み “銀行API公開”で加熱していくFinTech開発