GeekOut主催 cloudpack石田知也×CyberZ中村智武「【スーパーエンジニア対談】企業・市場からモテる(=求められる)エンジニアとは」イベントレポート

こんにちは。GeekOutイベント担当の奥田です。

2度目の開催となるGeekOutのイベント。今回は開催日の2月14日 バレンタインデーにちなんで、
『企業・市場からモテる(=求められる)エンジニアとは』をテーマにトークセッションを行いました!

前回もご登壇いただいたAWSを基盤としたフルマネージドサービスを提供するcloudpackのソリューションアーキテクト石田様と、CyberZにてゲーム動画プラットフォーム「OPENREC.tv」の開発責任者を務める中村様、そして現在、弊社でIT業界の企業担当・キャリアアドバイザーを務めている元ITエンジニアの亀田も加わらせていただき、現場の生の声を赤裸々にお届けしました。
普段なかなか交わらない企業同士の絶妙なコラボレーションに注目です!

f:id:pasona_geekout:20180216172513p:plain

客観的数字から見る転職市場動向

まずは、客観的なデータから紐解く現在の転職市場についてお二人に意見を伺いました。数字だけではなかなかわからない現場側からの考えが見えてきます。

f:id:pasona_geekout:20180216172614p:plain

パソナキャリア亀田
「転職市場の動向を把握するひとつの指標として” 有効求人倍率(※季節調整値)”があります。バブル景気と呼ばれている期間で最も高かった有効求人倍率は1.46倍でした。そしてこの有効求人倍率が2017年12月時点で1.59倍となっています。これは過去最高の数値であり、日本企業は現在、人材採用活動を積極的に行っていることがわかります。実際にお二人の現場では人材は足りていない状況ですか?」

cloudpack石田様
実感としては、人材は足りていません。バブル景気の頃は、製造業を中心に積極的に人材が必要だったんですよ。でも、今企業が求めているのはエンジニアなどテクノロジー分野の人材。時代のニーズに対して、人材が追いついていないのが現状です」

CyberZ中村様
「人材が足りていないのは事実ですが、間違えてはいけないのは、スーパーマンがほしいわけではないんですよ。今日のイベントタイトルのように『モテる』と言ってしまうとすごそうに聞こえますが、実は押さえなきゃいけないポイントがいくつかあるわけで。そこを是非持ち帰ってほしいですね」

面接官から見た上昇志向エンジニアあるある3選

ここでは上昇志向に見えるエンジニアにありがちな3パターンの人材像をベースにし、具体的な改善点を盛りだくさんに語っていただきました。

~面接官から見た上昇志向エンジニアあるある3選~

  1. 資格積極取得型エンジニア
  2. 自己学習型・勉強会参加型エンジニア
  3. 職務経歴書キレイすぎエンジニア

f:id:pasona_geekout:20180216173225p:plain

CyberZ中村様
「例えば勉強会に行っていることを職務経歴書に記載する方がいるのですが……選考する側としては、これは判断が難しくて。勉強会に行くだけなら誰でもできるでしょうと考えてしまうんですよね。なので、そこから何をアウトプットしたのか、何の目的で行ってどのくらいのレベルのものを見につけたのかをわかりやすく伝えることが大切ですね。例えば、最新技術に関しては勉強会に行っています、と言う人が多いですが、それだけで終わらず、その技術を使って実践していると良いと思います。失敗をしても良いから実際に自分で挑戦しているか、という点は大きいですね」

f:id:pasona_geekout:20180216173258p:plain

CyberZ中村様
「職務経歴書が充実しているだけだと、面接ではプラスに働きにくい。たくさん記載されていても面接でそれはあまりやっていません……と回答されると、それだけでこちらは他のすべてを疑ってかからなければいけないんですよ。数よりもむしろ深いキャッチボールができるネタを用意してほしいですね」

cloudpack石田様
「この環境があって、これをやりました。という実績よりは、こういった環境がない中で自らこう動きましたという具体的な行動や、トラブル対応でどう切り抜けたかのエピソードにエンジニアの底力が見えるんですよね」

f:id:pasona_geekout:20180216173325p:plain

ワンランク上のエンジニアになるには!?

『エンジニアあるある』についての理解と、アピールする際に気をつけるポイントについては明確になりましたが、実際にワンランク上のエンジニアになるには一体どうすればいいのでしょうか……。ここでは『考え方と習慣づけの大切さ』が語られました。

cloudpack石田様
「技術トレンドを追っているだけではダメで、それをビジネスにどう生かせるか、ロジカルに考えることを習慣づけられるかが大切ですね」

パソナキャリア亀田
「私もエンジニアとして働いていた頃は、自分が構築に関わったシステムが、エンドユーザーのビジネスにどのような影響を与えるかまで考える余裕はあまりなかった気がします。忙しい日々の中でも、ビジネスの観点と客観的な視点で意識的に物事を捉え、アウトプットしていくことが大切ですね」

f:id:pasona_geekout:20180216173406p:plain

CyberZ中村様
「いわゆる”For me”な人は、考え方を少し変えたほうがいいですね。転職動機が自分のためだけになっている人、例えば周りに優秀な人がいる環境で働きたいとか……それ自体は悪くないのですが、仮にその方が入社後成長し、責任者クラスとなったときに、また同じ理由で離れてしまう可能性があるのではと疑問に感じてしまうんです。その人にとっての周りがずっと常に優秀なわけではないので……。あとは、『自分の仕事やスキルを客観的に見れるか』という点も大事ですね。周りからどのくらい評価されているかというのは、実際に身の回りの人に聞いたりすると良いですよ。」

cloudpack石田様
「とにかく思考停止をしないことですね。上司がこうしてくれないから進まない!なんてことは実はないんですよ。他責にせず、じゃあどうすれば進められるかを考えていくことが大切ですね」

実例公開!市場・企業がいま求めているのはこんな人!

では実際にcloudpackやCyberZで採用しているエンジニアには、どのような特徴があるのでしょうか。 実際に選考の際に「欲しいな」と思うエンジニア像についてお伺いしました。

f:id:pasona_geekout:20180216173510p:plain

CyberZ中村様
「一緒に働きたいと思う人は、伸びしろがあることを感じられる人ですね。技術はすぐに陳腐化します。今あるスキル面よりも、これから成長しそうかというところや、熱意や想いを大事にしています。例えば好きな人に対してアプローチするときに自分の熱い想いを伝えない人はいないですよね?(笑)それと似ていて、今までの仕事に対して熱意をもってやってきたことを伝えるのが大事です。そういった想いは一緒に働くメンバーにも伝染するので、『チームメンバーとして、長く同じ目線で働いてくれるか』という点を企業は見ていると思います」

cloudpack石田様
周りを巻き込む力がすごく大事だなと、特に最近は感じます。エンジニアは守りに入りがちなので……それはできない、それは難しいと言い訳を並べる前に、自分の部署を超えて自分のテリトリーを広げ、問題定義をして周りを巻き込み解決していくことが大事ですね!」

このパートは反響も多く、イベント後のアンケートでも「面接官目線で見た必要とされる人材像の生の声が聞けて良かったです。」「リアルなシェアがありがたかったです。」といった感想をいただきました。「もっと聞きたかった」という声も多数いただきましたので、次回以降のイベント開催の参考にさせていただきます!

トークセッション後は質疑応答と懇親会へ。こちらも話が盛り上がり、前回同様『蛍の光』のBGMで解散となりました。(笑)
本日話し足りなかった!という方、次回のご参加もお待ちしております!!


【実施概要】
・実施日時:2018年2月14日(水)19:30~21:30
・実施会場:<TRAVEL HUB MIX>(東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング1階)
・主催:エンジニア転職サイト「GeekOut」、アイレット株式会社、株式会社CyberZ
・企画運営:パソナキャリアITイベント企画チーム(亀田・金子・枝松・冨田・柳川・角・奥田)

【登壇者】
cloudpack Solution Architect/ソリューションアーキテクト 石田 知也 様
財務省入省後、電子申告基盤に関するPJに参画。その後、大手製造業をターゲットとするコンサルティングファーム系SIerにて、グローバル向けの大規模web・Mail、Mobile、セキュリティ分野の戦略立案、コンサルティング、プロジェクトマネージメント、アーキテクト、開発・保守運用フルアウトソーシングビジネスに参画。
2014年1月よりcloudpackに参画。エバンジェリスト及びソリューションアーキテクトとして活動。幅広い経験と知識を活かした、クライアント企業の経営に資するシステム提案とその具現化を信条とする。

CyberZ 「OPENREC.tv」開発責任者 中村 智武 様
2002年日本オラクルに入社。2010年にスタートアップのCTOに就任し、多数のアプリサービスをリリース。2012年にCyberZへ入社。
スマホの広告効果測定ツール「F.O.X」の開発責任者を経て、現在は「OPENREC.tv」の開発責任者を担当。

パソナキャリア IT業界専任キャリアアドバイザー 元ITエンジニア 亀田 隆明
某SIer企業に新卒入社。
製造業界、小売業界の大手企業に対して、ITインフラ基盤の提案、要件定義、設計、構築に携わる。SIerで働いていくなかで、IT業界で働く方々の待遇改善の一助となりたいとの想いから人材業界へ転職。現在は大手外資系SWベンダーを中心にIT業界専任の企業担当、そして、キャリアアドバイザーを兼務。


パソナキャリアでは年間4000名以上のエンジニアの転職を支援しています。
なんとなく不安に思っているフェーズのご相談も大歓迎です。
エントリーはこちらよりお待ちしています!

次回のイベントは、5月ごろの開催予定との噂……。
今回突然のトラブル対応で来られなかった方も、次回お待ちしています!!

【本件に関するお問い合わせ】
パソナキャリア Geekout事務局
https://geek-out.jp/
問い合わせフォームはこちらから