「小手先ではないIT」で魚の流通を変える、フーディソンのチャレンジ

飲食店専門の鮮魚仕入れサービス「魚(うお)ポチ」を提供する株式会社フーディソン。飲食店の営業終了後でも冷蔵庫の中身を確認しながら、翌日に使用する食材を小ロットで注文できるサービスです。

f:id:blog-media:20181105142312j:plain
最近UIをリニューアルした「魚ポチ」。魚の様子が写真で確認でき、テーマ別の検索も可能に

現在は登録店舗1万店を超え、まだまだ成長中。また、自社バイヤーが目利きした旬の魚を消費者向けに販売するセレクトショップ「sakana bacca(サカナバッカ)」事業も好調です。

2016年にフーディソンにCTOとしてジョインした上田智氏に、水産×ITでフーディソンが目指すイノベーションについてうかがいました。

データ化が難し過ぎる水産業の事情

──フーディソンさんは、飲食店向けにスマホで魚が仕入れられるサービス「魚ポチ」が有名ですね。また、最近は消費者向けに魚のセレクトショップ「sakana bacca」というサービスを展開しておられます。なぜ、食の中でも「魚」の流通にかかわる事業を手掛けることを決められたのでしょうか。

上田 一次産業×ITがはやっていても、水産のIT化は最も難しいのではと感じています。逆に言えば、参入障壁が大きいため、ビジネスとしては競合が少なく事業としては良かったのかもしれません。

──ITの水産への参入障壁というのは具体的になんでしょうか。

上田 一般に流通というのは「情報流」「商流」「物流」という順序で進んでいきます。「今こんな商品があります」という内容が情報流。「では、その商品をください」「商品を売ります」という受発注が商流。そして、実際に箱詰めされたものが動くのが物流。一般的にはこの順序で発生します。つまり、商品が出てきたところでそれをデータ化して情報流に乗せるのがスタート地点です。ところが水産の場合、問題点が2つあります。

f:id:blog-media:20181105141220j:plain
株式会社フーディソン CTO 上田智氏

上田 1つ目は、商品マスターが作れないこと。漁業は、どんな魚がかかるか分かりません。とても小さな貝が捕れることもあれば、大きなサンマがかかることもあります。捕れる魚の大きさを調整できないため、農作物のように2LやLなどの等級も付けづらく、分類が曖昧です。地方によっては同じ魚でも呼び名が違ったりします。ですので、IT的な考え方ではマスターが作れませんし、もしマスターを作ったとしても、必要項目が多過ぎて入力の手間が膨大になります。

2つ目は、全てが鮮度優先であること。魚はあらゆる食材の中で最も鮮度に厳しいので、商品となる魚が到着すると、電話などで素早く商談し、一刻も早く送ります。その日にならないと何が捕れたか分からないため、事前に魚の情報を入力しておくということができないんです。そのため、情報の入力は最後にする、という状態です。

この2つの理由で、水産とITはもともと相性が良くないのです。データ入力を後まわしにすると忘れてしまいますし、しかも入力には時間がかかります。だから、参入障壁が大きいのです。

──IT化の前段階である「データ化」が難しいのですね。

検索とおすすめで飲食店の仕入れを効率化

──現在の流通はどのような状態なのでしょうか。

上田 既存の流通は間に入るプレイヤーが多い多段構造です。漁師さんが魚を捕ってから消費者の口に入るまで、10段階以上あります。まず漁師さんが魚を捕り、漁港に水揚げします。これが漁協(漁業協同組合)です。この魚が生産地市場と消費地市場を経由して小売り店舗や飲食店を経由し、消費者に届きます。

f:id:blog-media:20181105141316j:plain

上田 実際には、この中にも、市場内で物を運ぶ「小揚げ」と呼ばれる方がいたり、生産地市場と消費地市場の間に「転送市場」が挟まっていたりで、平均的には10段階以上になります。

それぞれの段階ではそれなりに対策がされて最適化されていますし、事務コストを減らすような業務改善ができていますが、全体の構造を変えるのは難しいです。しかし、弊社はその難しい部分にチャレンジしています。

──魚ポチは流通のどの部分を変えるソリューションなのでしょうか。

上田 消費者に魚を届ける飲食店と消費地の仲卸の間です。Webサイトのサービス上に明日買える魚のリストを掲載して、飲食店の方が注文すると、弊社のトラックが注文の魚をお届けするという仕組みです。掲載されている情報は、弊社のバイヤーが市場で仕入れたものか、仲卸の方に入力していただいた情報です。

魚を仕入れたいと思う飲食店の方が何に困っていらっしゃるかというと、「今日、どんなものが市場にあるのかが分からない」ということですね。知るためには、市場まで出向いて目利きして買ったり、仲卸に電話やFAXで「この魚はありますか」と自分で聞いたりして買うしかありません。魚ポチは、今日買える魚をまとめて検索できる機能と購買履歴からおすすめを表示する機能で、仕入れの効率化と新しい商品の発見を手助けしています。

f:id:blog-media:20181105151321j:plain

──「今買えるものの中から検索できる」というのが、飲食業の方にとってはうれしい機能なのですね。

上田 飲食店の方には2つメリットがあります。1つは先ほど説明したとおり、たくさんある商品から適切に選べるということ。2つ目のメリットは、少しだけ買いたい時にも仲卸に注文できるということです。

仲卸業者はお客さんから直接注文を取ってくるという仕組みです。1人の担当者がさばけるお客さんの数には限度があるため、量販店や大型チェーン店などの大口の顧客を優先するしかなく、中小の飲食店からの少量注文には対応しきれない状態でした。

しかし、魚ポチを使えば、システムで受発注に対応できますので、仲卸も少量注文に対応できますし、飲食店も仲卸業者から安く魚を買うことができるようになります。

f:id:blog-media:20181105141827j:plain
大きな魚のロゴが目立つ「魚ポチ」の配送用トラック。店舗まで直接魚を届けてくれる

──情報を入力するだけでなく、魚ポチで独自に仕入れも行っているんですね。配送も自社で行っているのでしょうか?

上田 弊社では大田市場に流通拠点を持っていまして、そちらでピッキング(行先別の箱詰め)して、お客さまに届けています。豊洲市場も落ち着きましたら、2拠点体制で配送を予定しています。

あと、自社仕入れの魚については、飲食店だけでなく消費者の方にも食べていただきたいということで立ち上げたのが「sakana bacca(サカナバッカ)」という小売の事業です。現在、中目黒、都立大学、中延、武蔵小山に4店舗出店していて、近辺のお客さまには喜ばれています。

f:id:blog-media:20181105151019j:plain
サカナバッカの外観。まるでカフェのような爽やかな店舗

──店頭の雰囲気が、とてもおしゃれですね。

上田 そうですね。サカナバッカ事業の事業部長はデザイナーなんです。彼のデザインの力で強力なブランディングが実現しています。

ステージによって望ましい開発体制は変わる

──魚ポチのシステムのインフラや開発体制について教えてください。

上田 インフラはAWSで、20台ぐらいのサーバーを立てています。開発環境はRuby on Railsです。規模が大きくなってきたので、機能ごとに分担し、例えばUI改善系であればビジネスの人とデザイナーとエンジニアでチームを組んで開発しています。一般的なアジャイル開発をしているチームもあります。

私が入社するまでは、開発体制は一般的な受託開発に近いものでした。要件定義をして、SEが優先順位をつけて、担当者に割り振っていくようなやり方です。しかし、私自身の前職までの経験から、ある程度大きくなったサービスの開発運用はなるべくチームを小さくした方が良いと思ったので、開発体制を変えました。

システム開発は、コミュニケーションコストから問題が起きるものだと考えています。コストをかけられるのであればかけた方がいいのですが、規模がある程度に達するとコミュニケーションコストが100%を超えてしまい、機能不全に陥ります。だから小さいチームをたくさん作り、それぞれのチームで完結して回せる方が良いですね。

f:id:blog-media:20181105141435j:plain
フーディソン社内の様子。市場と直接やりとりをするため外出している社員も多い。

──現在、エンジニアは何名いらっしゃいますか。

上田 全社員60名のうち、エンジニアは私も含めて6名です。役割はオーバーラップしていますが、新規事業を主に担当しているのが2名、ユーザインターフェース改善が1名、リファクタリングにコミットしているのが2名、そしてCTOが私です。システムの最終的な責任者であると同時に、技術的な面から中期的な開発方針を立てたり、社内インフラの管理をしたり、コードも書いています。

「情報流が追い付けない」状況を変える新事業を開発中

──今取り組んでいる新規事業について、教えていただけますか。

上田 今、私が開発しているのが「うおプラ」というサービスです。魚の流通の問題として、「商流」「物流」に「情報流」が追い付けないという話をしましたが、新たなデータ共有ツールとしてLINEを使用し、情報流を変えるサービスです。

現在でも魚の情報は電話とファックスで流れるのが基本です。しかし、最近は徐々にLINEに置き換わりつつあるんです。パソコンは使わない年配の方でもLINEは使用者が多く、周りに使い方を聞けるから使える、という方が多いのです。LINEを起点にして、そこに情報を流していく仕組みを開発しています。

技術的には、LINEのログインとメッセージAPIを利用しています。LINE上で「うおプラ」と入力すると、LINE内ブラウザにウェブサイトが呼び出され、魚の写真と名前を登録できる。今は仲買人の方がスマホで情報を登録しています。認証はLINEのアカウントを使って行い、情報を登録後、魚のデータがPDFファイルに変換されてLINEのメッセージに流れます。そのデータを見て発注者が、LINE内のリンクからサイトを呼び出して注文を入力する。すると、発注情報がLINE上でまた流れる、というシンプルな仕組みです。LINEのアプリ内で完結します。

f:id:blog-media:20181105141637j:plain
「うおプラ」を使った取引の様子。魚の情報を入力するとPDFが作成される(写真:左)。発注者がPDFを確認し、注文すると通知メッセージがLINEに流れる(写真:右)

──パソコンやタブレットをわざわざ立ち上げたりしなくても、手元のスマホで全てが完結するんですね。

上田 狙いは、魚の情報を流通のできるだけ上流に近いところで入力する仕組みを作ることです。流通の初期段階でデータ化できれば、そこから下流の人はその情報を使うことができます。つまり、情報流が商流や物流より後から来るという問題を解消できて、流通のIT化を進めて構造を変えられるんじゃないかと考えました。現在は、福岡市場で60店舗ぐらいの量販店の方が、うおプラを使って注文しています。今後は大阪、北海道の市場でも、うおプラが動き始める予定です。

ITで食のプラットフォーム化を目指す

──水産×ITについてお話を聞いてきましたが、最後に、フーディソンが目指す今後の話を聞かせていただけますか。

上田 会社としては、今は水産をターゲットにしていますが、最終的には食のプラットフォームを目指すという目標を抱えています。ITを軸に考えると、流通の効率化とトレーサビリティに取り組んでいくことになると思います。

最近のトレーサビリティは解像度の高い衛星写真を使うことで、漁船がどこにいて何をとってきたか、どこからどこへ何を運んだなどを時系列で追うことができるんです。そういった技術も使って、水産だけでなく他の分野のビジュアライズもしていけたら面白いと思っています。

f:id:blog-media:20181105141804j:plain

──ITで食のプラットフォームを実現することで、どんな世界を目指していきたいと考えているのでしょうか。

上田 やはり水産のことが頭に浮かびますね。ITの力で効率化することで、消費者においしいものを食べてもらえるように頑張りたいと思います。フーディソンの社員はみんな魚が好きですからね。

──ありがとうございました。

(取材・構成:板垣朝子)