ゲーム業界へ転職希望の方必見!「ゲーム会社採用担当交流会」から見る、転職活動の秘訣とは?

f:id:pasona_geekout:20190123175352j:plain

年の瀬真っ只中な2018年12月12日(水)。東京・大手町のTRAVEL HUB MIXにてゲーム業界の人事・採用担当者向けイベント「ゲーム会社採用担当交流会」が開催されました。

世界的にも注目を集めている日本のゲーム業界。「新卒で就職活動をしていた頃、ゲーム業界にチャレンジしたけど夢破れてしまった」「やっぱり諦められないから、ゲーム業界へ転職したい」と考えている転職希望者、転職検討者もいるのではないでしょうか?

今回のイベントは、ゲーム業界で人事・採用業務を行っている方向けのイベントでしたが、採用担当者から発信される情報には、転職活動のヒントが満載。そこで、GeekOutをご覧の皆様にイベントの中から特に転職活動に役立ちそうな内容をピックアップして、ご紹介します。

開発現場を巻き込み、社内一丸となって「ほしい人材」の確保に取り組む

まずは、「開発現場と人事のコミュニケーション」をテーマにトークセッションを開催。「売り手市場」と言われる昨今、採用担当者は日々新しい人材の確保に奔走しています。
できる限り「即戦力がほしい」と考える開発現場のメンバーの意見を尊重することと、要望に合致した人材を見つけるハードルの高さに悩める採用担当者も多いなか、開発現場の社員も巻き込み、積極的な採用活動を行っている事例が2社から紹介されました。

どちらの企業にも共通して言えることは、「開発メンバーも採用を自分事として捉えている」ということ。
採用担当者と現場社員がコミュニケーションを密に取り、面接の感想や合否の結果などをスムーズに情報共有したり、転職エージェントとの打ち合わせに現場社員も同行し、転職市場への理解を深めるようにしたりと、より良い人材の採用に向け、各社それぞれ工夫をしているようです。
現場社員に選考の初期段階から積極的に関与してもらうことにより、候補者の入社後のミスマッチを防ぐこともでき、開発メンバーも「ぜひうちの会社にほしい」と思える人材を主体的に探し出すことができるため、全社一丸となって「より良い人材を確保しよう」と前向きに取り組む文化の醸成に成功していると言います。

現場社員が積極的に採用活動に関与しているかどうかは、その企業の志望者から見ても重要なことです。
採用担当者と現場社員の情報共有がスムーズに行われている企業は、合否結果が出るのも早い傾向にあるため、テンポ良く転職活動を行い、次の就業先を決めたいと考えている方にとってはメリットと感じるのではないでしょうか。
また、開発現場の社員が積極的に選考に携わっている場合、面接の場で現場の声を聞くことも可能です。選考が進むなかで企業への理解をより深め、志望度が上がったり、新たな発見ができたりもしますので、面接の最後に訪れる質問のチャンスを逃さないようにしましょう。それが、より自分に合った企業探しへの近道となります。

転職エージェントにしか教えない情報ってある?その答えは……

より良い人材を効率的に探す手段のひとつとして、転職エージェントを活用している企業もあります。企業・職種によっては、転職エージェントのみに求人を出している場合も。そのため、転職エージェントを利用すると、自身で探すだけではなかなか見つけることのできない企業・職種の求人に出会える可能性がアップします。

ここでは、転職エージェントとのコミュニケーションを積極的に行っている企業の方々から、それぞれの企業での取り組みについてご紹介いただきました。
まずは、より良い候補者を紹介してもらうために、転職エージェントに向けて自社の魅力を伝えるプレゼン資料を作成したという事例が登場。
こちらの企業は、中途採用に苦戦していた時期があり、理由を深堀りしたところ、「自社の良いところを社外の人たちへきちんと伝えられていなかった」と感じたそうです。
自社の良いところは自分たちから発信していかないと他の人には届かない。そう気付いた後に、企業の魅力を具体的にまとめた書類を作り、転職エージェントへ展開。採用要件などの情報を可能な限り開示しました。また、電話連絡などのコミュニケーションを密に行い、情報交換しやすい環境を整えることで、応募者を2倍近くにまで増やすことに成功したそうです。

さらに、転職エージェント向けにメールマガジンで独自の情報発信を行っている企業の事例紹介もありました。求人票からはなかなか見えてこない社内の雰囲気や採用面接に受かった人と落ちた人の違いについてなど、採用に関する情報から採用担当者のキャラクターについてまで、会社の雰囲気や採用担当者の親しみやすさ、ユーモアが伝わるような内容を発信しているとのことです。

中途採用を行っている企業は、採用についての情報を一部しか公にしていない場合がほとんど。
中途採用は新卒採用のように一括採用ではないため、候補者の経歴やスキルによってケースバイケースな判断をすることがあったり、新規事業など企業の社外秘情報に関わるポジションの採用なことがあったりと、その理由は各社さまざまですが、公になっていない情報の一部を転職エージェントのみに開示している場合もあります。
自分のスキルややりたいことに合致した求人がなかなか見つからない……とお悩みの場合、転職エージェントに相談をすることで新たな求人・キャリアの発掘ができる可能性も。

また、自己応募の際はその求人(ポジション)で求められているスキルや面接で聞かれる質問内容などの情報を自身で収集しなくてはなりません。しかし、転職エージェント経由で応募をした際は面接に進むことが決まった時点でキャリアアドバイザーからこれらの情報を入手することができます。
在職中の転職活動など、時間がないなか活動を行う場合や効率的に活動をしたいという方は、こういった独自の情報を持っている転職エージェントを味方につけるのも、転職成功への近道と言えるでしょう。

もちろん、転職エージェントのみに開示されている情報以外にも、企業のことを知る手段はあります。
各社独自の手法で採用広報に取り組み、オウンドメディアの運用を行ったり、積極的に合同説明会に参加したり、自社で採用説明会を開催したりと、趣向を凝らしているようです。
このような企業から発信された情報を見ることで、取り組んでいる事業や企業理念への理解を深めたり、どのような社員の人と働くことができるのかイメージしたりすることができます。
そうすることで志望動機や自己PRをより具体的に記載することができたり、面接でも具体的に志望度や働く意欲を伝えたりできるでしょう。

「ゲーム業界で働きたい」「ゲームを作りたい」という気持ちはもちろん大切ですが、転職先を探す際に大切なのは、「どの会社でゲームを作りたいか」。自身の軸をしっかりと見据え、やりたいことが実現できそうな企業や理念に共感できる企業を見つけましょう。GeekOutでは、ゲーム企業に転職したいと考えるあなたを応援しています。

(取材・執筆:GeekOut編集部)